東京都国立市にある知的障害児、知的障害者向けの入所施設、福祉施設なら、石井亮一・筆子夫妻によって設立された社会福祉法人滝乃川学園

学園沿革

学園案内

  • 福祉事業
  • Facebookもチェック

HOME > 学園案内 > 学園沿革

沿革

*文章中では、当時の用語・表現をそのまま用いているため、現在においては適切でない用語・表現がございます。予めご了承いただきたく存じます。

1861(文久1)年  筆子、長崎県大村藩士渡辺清、母ゲンの長女として出生
1867(慶応3)年  亮一、佐賀県鍋島藩士石井雄左衛門、母けい子の六男として出生
1872(明治5)年  筆子、上京
1873(明治6)年  筆子、官立女学校「東京女学校」に入学
1877(明治10)年  東京女学校廃校、筆子はW.C.ホイットニー家の英語塾に通う
1879(明治12)年 筆子、長崎訪問中の前アメリカ大統領グラント将軍と面会
1880(明治13)年  筆子、オランダ特命全権公使長岡護美ともに訪欧
1882(明治15)年  筆子、帰国
1883(明治16)年  亮一、鍋島家奨学生となり上京
1884(明治17)年  亮一、立教大学校入学
筆子、小鹿島果と結婚、入籍
1885(明治18)年 筆子、華族女学校フランス語教師となる
1886(明治19)年  筆子、長女幸子誕生
筆子と幸子、日本聖公会ウィリアムズ主教より受礼 (教母は津田梅子)
1887(明治20)年  亮一、日本聖公会聖アンデレ教会にて受礼
筆子の父渡辺清男爵となる、叔父の昇は子爵となる
1890(明治23)年  亮一、立教大学校卒業
立教女学校の教頭に就任
筆子、次女恵子誕生するが早世する
1891(明治24)年  筆子、三女康子誕生
10月28日濃尾大地震(岐阜・愛知地方)発生
亮一、弧女の救済に当たる。亮一、12月1日「弧女学院」設立(荻野吟子の医院を仮院舎とする)
1892(明治25)年  亮一、北豊島郡滝野川村に弧女学院院舎を建設
筆子の夫、小鹿島果死去
1893(明治26)年  筆子、聖公会のミッションスクール「静修女学校」の校長となる
1894(明治27)年  筆子、華族女学校付属幼稚園主事に就任
弧女学園をバザー等で支援を始める
亮一、震災弧女の中に「知的障害児」がおり、その児童の教育を始める
筆子の静修女学校の教員となる
1896(明治29)年 亮一、知的障害児教育の調査研究のため渡米アーウィン知的障害者学校、セガン校等訪問
渡米中にヘレンケラーと会談
1897(明治30)年 「弧女学院」を「滝乃川学園」と改称、知的障害児の教育を本格的に始める
このころより「保母養成部」を併設する
1898(明治31)年 筆子、三女康子死去
津田梅子と共にアメリカで開催された「万国婦人倶楽部」大会に出席
亮一、知的障害児教育の研究調査のため2度目の渡 米
現地にて筆子、梅子と共にアメリカ聖公会総会に出席
1899(明治32)年 筆子、華族女学校退職
1901(明治34)年 亮一、「白痴教育一斑」を発表
創立10周年記念祝会開催
1902(明治35)年 静修女学校閉鎖、地所、建物、生徒は津田梅子の「女子英学塾」(後の津田塾大学)に引き継がれる
1903(明治36)年 亮一・筆子結婚
司式マキム主教、媒酌子爵岡部長職、津田梅子参列
1904(明治37)年 亮一、「白痴児其研究及教育」刊行(丸善より)
1906(明治39)年 近隣に軍事施設ができ環境が悪化したこと及び手狭になったため、西巣鴨村庚申塚に移転
英国王立委員会編纂「精神薄弱児の保護と管理に関する調査報告」において、日本で唯一の「精神薄弱児施設」として記録される
1910(明治43)年 保護者向け報告書『学園のまとゐ』刊行
1915(大正4)年 亮一、社会事業功労者として「御大礼記念章」受章
1917(大正6)年 創立25周年記念祝会開催
1918(大正7)年 亮一、東京府児童鑑別委員会委員に就任
藍綬褒章「公益事業褒章」を受章
1920(大正9)年 3月24日学園火災、園児6名死亡
学園閉鎖を決めるが、貞明皇后より学園の事業存続の内旨あり、継続を決意
財団法人認可、初代理事長中尾太一郎、亮一は学園長に就任
1921(大正10)年 7月19日渋沢栄一理事長就任
東京府代用児童研究所受託
筆子、『もしほぐさ』刊行
1922(大正11)年 筆子、『鐘のひびき』刊行
1923(大正12)年 関東大震災で被災した立教女学校に対し、園舎を提供
1924(大正13)年 筆子、『自然界とおとぎばなし』刊行
1927(昭和2)年 亮一、「万国知的障害児教育研究学会」の正会員となる
1928(昭和3)年 北多摩郡谷保村に新園舎完成、移転
亮一、勲六等瑞宝章、大礼記念章受章
1930(昭和5)年 理事長渋沢栄一死去
創立40周年を記念して『滝乃川学園その日その日』創刊
1933(昭和8)年 亮一、『東京府(代用)児童研究所報告』、『児童2638名審査の跡を顧みて』刊行
1934(昭和9)年 10月22日学園講堂にて「日本精神薄弱児愛護協会(現・日本知的障害者福祉協会)」が設立される
翌年亮一が会長に就任
1936(昭和11)年 12月7日「滝乃川学園創立満45周年記念並石井亮一先生古希祝賀会」が九段軍人会館にて開催
『石井記念文庫』創設
1937(昭和12)年 6月14日亮一死去(70歳)従六位が遺贈される
筆子、第2代学園長に就任
1940(昭和15)年 創立50周年記念式典開催
『石井亮一伝』、『石井亮一全集』刊行
『滝乃川学園その日その日』の後継誌として『愛の泉』刊行
1942(昭和17)年 沢田廉三理事長に就任
筆子、『過ぎし日の旅行日記』刊行
1944(昭和19)年 1月24日筆子死去(84歳)
1945(昭和20)年 児童研究所(西巣鴨)空襲により焼失、事務所を谷保に移す
1946(昭和21)年 沢田廉三理事長退任
1948(昭和23)年 児童福祉法施行により「精神薄弱児施設」となる
1952(昭和27)年 社会福祉事業法による社会福祉法人となる
1957(昭和32)年 児童部棟を全面増改築
1964(昭和39)年 法人機関誌『矢川だより』刊行
1965(昭和40)年 国立第三小学校・第一中学校の併設学級に園児9名が入学
1967(昭和42)年 立川養護学校の開設に伴い、小学部へ2名、中学部へ5名、高等部へ3名が入学
1970(昭和45)年 精神薄弱者福祉法による「滝乃川学園成人部」開設
1971(昭和46)年 成人部中軽度棟落成
1972(昭和47)年 児童部重度棟落成
1974(昭和49)年 児童部3棟、管理棟1棟落成
成人部、参議院議員選挙にて初めて利用者が選挙権を行使する
1977(昭和52)年 児童部児童全員就学となる
1981(昭和56)年 東京都議会議員選挙において、立候補者の「お話を聞く会」を園内で開催
1986(昭和61)年 成人部、園生還暦記念誌『はししゃん』刊行
復刻版『石井亮一と滝乃川学園』、『滝乃川学園百年史年表稿』刊行
1988(昭和63)年 東京都精神薄弱者生活寮要綱による学園初の生活寮(現グループホーム)「高橋寮」開設
1991(平成3)年 創立100周年を迎える
1992(平成4)年 創立100周年記念式典挙行
『いと小さき者―滝乃川学園100周年記念写真集』刊行
天皇陛下、皇后陛下行幸啓
1997(平成9)年 児童部居住棟、管理棟、地域交流棟完成
1998(平成10)年 児童部、施設オンブズマン制度導入
2000(平成12)年 児童部、地域生活支援センター「色えんぴつ」事業開始
『天使のピアノー石井筆子の生涯―』(眞杉章:ネット武蔵野)刊行
2001(平成13)年 『シリーズ福祉に生きる:石井筆子』(津曲裕次:大空社)刊行
2002(平成14)年 『シリーズ福祉に生きる:石井亮一』(津曲裕次:大空社)刊行
本館が「国登録有形建造物文化財」に指定される
学園初の直営重度生活寮「ゆうゆう」開設
2003(平成15)年 礼拝堂、天使のピアノが「国立市登録文化財」に指定される
2004(平成16)年 『無名の人―石井筆子―』(一番ヶ瀬康子他編:ドメス出版)発刊
成人部、支援費制度へ移行
第2成人部(ユニット棟)落成
2005(平成17)年 介護保険法に基づく認知症高齢者グループホーム「やがわ荘」開設
2006(平成18)年 映画「無名の人―石井筆子の生涯―」(宮崎信恵監督:ピース・クリエイト)完成、上映
居宅事業、グループホーム等が支援費制度から障害者自立支援法へ移行し、児童部に契約制度導入
成人部に通所部門併設
2007(平成19)年 映画「筆子その愛―天使のピアノー」(山田火砂子監督:現代ぷろだくしょん)完成、上映
『筆子その愛―世界で一番美しい涙―』(山田火砂子、車取ウキヨ:ジャパン・アート)刊行
NHKテレビ「その時歴史が動いた」にて「母の灯火小さき者を照らしてー石井筆子・知的障害児教育の道」放映
2009(平成21)年 本館保存修復工事竣工
本館を「石井亮一・筆子記念館」として開所式開催
2010(平成22)年 成人部、障害者自立支援法による障害者支援施設となり、施設入所支援事業、生活介護事業開始
2011(平成23)年 創立120周年記念式典開催、『滝乃川学園百二十年史―知的障害者教育・福祉の歩みー』刊行
成人部、生活介護棟落成
2012(平成24)年 児童部、児童福祉法改定により障害児入所施設(福祉型)となる
2013(平成25)年 成人部、グループホーム、居宅事業等が障害者総合支援法へ移行
『いばら路を知りてささげしー石井筆子の二つの人生―』(井出孫六:岩波書店)刊行
2014(平成26)年 放課後等デイサービス事業開始
2015(平成27)年 成人部改築工事着工(2016年竣工予定)
2016(平成28)年 成人部改築工事終了 新建物「清風棟」と命名
成人短期入所棟新築工事着工
2017(平成29)年 成人短期入所棟竣工 6月より定員12名

▲ページのトップに戻る